ホワイトデープレゼント
こちらは前回の続きとなります。

前回の記事はこちら→ホワイトデーで彼女に楽しんでもらった方が良い本当の理由とは!?

ホワイトデーが近づいてきていますが、プレゼントは決まって用意もできている、でもいつ渡そう・・・どんな渡し方なら喜んでもらえるだろうという悩みをもたれている男性もたくさんおられます。
特に初めての場合は緊張もしますし、相手のことが好きであればある程に自分を良く思ってもらいたい気持ちが空回りして上手くいかないことが多いです。

そんな方のために、今回はホワイトデーで彼女が楽しんでくれて素敵な思い出となる、そんな方法をご紹介しようと思います。


ホワイトデーで彼女を楽しませる方法

バレンタインでプレゼントをもらったらホワイトデーでのお返しは自分が嬉しかった気持ちの10倍の喜びを彼女に与えてあげましょう。
プレゼントの交換というのは会話のキャッチボールに似ており、どんなに良いプレゼントを受け取っても彼氏が頼りなさそうにしていたのでは、その印象が残ってしまい、プレゼントの価値も半減してしまいます。

それは非常に勿体ないことなので、徹底的に彼女を楽しませてあげて下さいね!

それでは彼女を楽しませる方法5選と、その前提条件2つについてお伝えします。
※前提条件はどの楽しませる方法をとったとしても、必ず行ってほしいことになります。

前提条件①【気遣いを忘れない】

女性は例外なく気遣いを重視する生き物であり、細かな心配りや気遣いができるというただそれだけでその人を“素敵な人”と捉えます。

ですので、バレンタインのポジティブな感想を直接あなたの言葉で伝えたり、プレゼントを渡す際に「これだけでは気持ちを伝えきれないけれど」「○○さんはこれを喜んでくれると思って」など、一言二言添えてあげることで、あなたの印象は全く違ったものになるのです。

自分の好意や感謝を自分の言葉で表現することがとても大切です。
普段思っている彼女への想いを素直に言葉にしてみると良いですね!

 

前提条件②【プレゼントに手紙(レター)を添える】

これは男性にはハードルが高く勇気がいりますが、ぜひ行って頂きたく思います。
高いハードルを乗り越えた先にはとても良い景色(彼女の笑顔)が待っているからです。

この手紙をプレゼントに添えるというのは、女性社会では一般的によく用いられる手法ではありますが、男性が行うことは珍しいので妥協せずにクオリティ重視で手紙を作成されて下さい。

メッセージカードではなく、手紙という点がポイントです。
メッセージカードは縦5cm×横9cmほどのため2~3行程度の少ない文字数しか書けません。
そのためいくらあなたが気持ちを表現したいと思っても、どうしても通り一辺倒な言葉になってしまいやすいというデメリットがあります。

また単語の羅列になりやすく、単語は人によって受け取る印象が異なりますので、その単語が強調されてしまい、上手く適切に気持ちを伝えることが難しくなってしまいます。
こういった理由からも、メッセージカードではなく手紙で素直な気持ちを綴られてみて下さい。

勿論手書きで自筆ですよ!
メールやLINEなどのSNSのやり取りが当たり前になっている現代だからこそ心に訴えかける手紙はあなたの気持ちがより伝わりやすくなることでしょう。

これからの発展にも繋がりますので、この+αを添えることは落ちているチャンスを拾うようなものです。
ですので【気遣いを忘れない】、【プレゼントに手紙を添える】、この2点は必ず守って下さいね!

ちなみに良い手紙が見つからないという方はこちらのレターセットがお勧めです。
男性から女性に贈る際にも違和感がなく、幸せがテーマとなっており、価格もリーズナブルで、何より気持ちを表現するには適度な行数だからです。
あまりに長くなってしまうのもあれなので、適切に気持ちが伝わる文章であればそれで良いので、素直な気持ちを表現されて下さいね。

 
 

彼女を楽しませるテクニック①
【プレゼントを複数渡す】

これはかなり効果的な方法になります。
具体的には自宅などでプレゼントを隠しておき、次から次へとプレゼントを渡していく、ただそれだけです(笑

「えっ、えっ??」という感じで自然と彼女の表情は笑顔になっていること間違いなしで、楽しんでくれますよ!
「まだ続くの?」というくらい渡してあげましょう。

ただ、お財布事情もあると思います。
ですが何も高価なものばかりでなくて良いのです。
お菓子や文房具、ハンドクリームなどの小物で良いので、ぜひ行ってみて下さい。

一つ一つのプレゼントの効果としては小さくても、“こんなに尽くしてくれた”という思い出は印象に残る財産となるからです。

 
 
 
 

彼女を楽しませるテクニック②
【マトリョーシカ風にする】

マトリョーシカはロシアの民芸人形になるのですが、人形の中に人形が入っているという入れ子構造になっているものをそう呼びます。
中を開けると欲しかったブランドのものの財布が現れ、さらに財布の中を開けると旅行チケットが入っていたなど2段、3段を繰り返すのです。

仮に指輪を最後にもってきた場合は、それをあなたが彼女の指につけてあげて下さいね。
一生忘れられないイベントとなることでしょう!


彼女を楽しませるテクニック③
【始めに小さなお返しをして、帰りに大きなお返しをする】

昨今の傾向から言うと、女性はプレゼントに対するお返しにそれほど高価なものを望んではいません。
ですので、始めはバスギフトなど小さなお返しをして、その後にアクセサリーなどの大きなお返しをすると、「まだあったの!?」と楽しんでもらえることでしょう。

これはどの方法においても言えることですが、どんな喜ばせる方法よりも、あなたが彼女を喜ばせようと思った心遣いが彼女にとっては一番嬉しいので、帰宅した際には“楽しかった”という印象付けができるのです。
サプライズ的な要素もありますので、楽しんでもらえることでしょう!

 
 

彼女を楽しませるテクニック④
【ホワイトデーのタイミングをずらす】

ホワイトデーは毎年3月14日のイベントですが、その1日2日前や前の週の日曜日などにプレゼントをサプライズで渡すと驚かれ、彼女の素直な反応が楽しめることでしょう。
その反応をあなたが楽しむことで、前回お話した余裕が生まれ、その余裕からさらに会話も発展していき彼女に楽しんでもらえる雰囲気を作ることができるのです。
始めが肝心なので、ホワイトデーにお返しがあると思い込んでいる彼女に先手を打つことで精神的にも余裕が生まれます。

これは③のマトリョーシカと組み合わせると効果も絶大ですよ!

 

彼女を楽しませるテクニック⑤
【地域のイベントを活用する】

例えば、ホワイトデーに記念日が近い場合は下記のようなイベントを活用することができます。

イルカサプライズ

出典(http://shimoda-aquarium.com/2014/05/01/surprise/)


「あの人にサプライズ」あなたの気持ちをイルカが伝えます

当館では、カマイルカが大切なお相手の方に気持ちを伝えるお手伝いをしています。

毎日、開催している12時のカマイルカショー終了後にショーステージにて、イルカからプレゼントを受け取るイベントです。

また、応募された方も一緒にステージにて記念撮影ができます。

引用元→http://shimoda-aquarium.com/2014/05/01/surprise/

 

これは私がしてもらったら一生付いていきますね♪

考えただけでも笑顔が想像できます(笑
良い思い出になること間違いなしですね!

ちなみにこのイベントは静岡県オンリーなのですが、こういったイベントは各地域で定期的に行われていますので、ぜひご近くで探されてみて下さいね!


まとめ

今回は全2回に渡って、彼女に楽しんでもらった方が良い理由とその方法についてお伝えしました!
サプライズや楽しませてもらったという印象は特別感を刺激するため、あなたが彼女のことを大切にしているという気持ちが伝わりやすいです。

ぜひ、参考にされて当日は“余裕”をもって望んで下さいね!