楽しませる
人に楽しんでもらうことが美徳とされるのはどの国でも共通のポリシーです。
でも、案外意識できていない方も少なくないのではないでしょうか?

相手に楽しんでもらうには少なからず自分も楽しくなければなりませんし、その楽しんでいる様子を見て、女性も楽しくなります。
相手に喜んでもらうと自分も嬉しい気持ちになるという心理に似ていますね。

ただプレゼントを渡すから喜んでくれる、少なくとも悪い気にはならないだろうという認識ではダメなんです。
漠然と喜んでもらおうという姿勢でいると痛い目を見ることに繋がります。

そこで今回は、ホワイトデーでプレゼントを渡す際に彼女に楽しんでもらった方が良い理由と、プレゼントを渡して喜んでもらえる方法を2回にわけてお伝えしようと思います。

それでは一緒に見ていきましょう。


彼女に楽んでもらう努力をした方が良い理由

人間だれでも楽しいことは大好きですよね。
でも、案外プレゼントを渡すとなると大好きな女の子の前だと緊張してしまって思っていた予定の言葉が出てこなかったり、変な間が入ったり、余裕がなくなってしまう体験をされたことが誰しも1度はあると思います。

そんな時は当然自分に余裕がないので、彼女も「○○くん大丈夫かな?」と気を遣ってしまい、楽しむどころではありません。
中には困っていたり、あたふた照れている様子が可愛かったとプラスに捉えてくれる方もおられるかもしれませんが、それは狙っていくものではありませんし、言葉ではそう言ってくれていたとしても本音は「もっとしっかりしてよ!」です(笑

基本的に男性と女性1対1の場では、男性が女性をエスコートするのが世間一般の認識ですので、女性は受け身になることが多いです。
普段仕事ではしっかりものの彼女でも、あなたの前では甘えた表情を見せてくれるのも心を許しているからであり、だからこそ受け身になってしまうのです。

この場合は「受け身」=「頼られている」ですので、しっかりと期待に応えられるように楽しんでもらう努力をしましょう。

当日の言葉選びや場所などの要素も大切ですが、それよりももっと重要なことがあります。
それが彼女を楽しませてあげることなのです!

少年時代を思い出してみて下さい。
クラスの女の子に評判が良く、本音でくだけた会話を引き出すことができ、結果女の子を気持ちよくすることができるのは面白い男子ではなかったですか?

イケメンであったりスポーツができたりというのも評判は良いですが、それらは女性の好みに分かれてしまいます。文学系の男子が好きという女の子もいますからね。

ですが、面白い男子というのはどんな女の子にも好評で頼られる存在でしたよね。



女性は頼りがいのある男性を異性として認識します。
たとえバレンタインにチョコをもらっていてあなたに好意をもっている女性でも、行動一つで冷めてしまうのも女性ですので、しっかりと頼りがいがあるところを見せることが重要になってきます。

あなたを好きになっている期間が長かったのであれば、たとえ一度頼りないところを見せてしまっても挽回のチャンスはあるかもしれません。

しかし、一目惚れや趣味が合う、イケメンなど一部の要素で気になってもらっている場合は一度の失敗が大きな失態に繋がってしまいますので、最悪お別れを考えられてしまう一つのファクターになる可能性も多いにあることからも、ホワイトデーで本命彼女へのお返しは入念に準備をしておく必要があるのです。

普段から女性を楽しませることが自然とできている男性は気にせずにありのままでいれば良いのですが、ほとんどの男性はそうではないと思います。クラスでもそんな男子は数えるほどでしたよね。

ただ単にプレゼントを渡すだけで喜んでくれると思ったら大間違いなんです。
でも、ここまで読まれたあなたはこのことに気づけたので大丈夫ですよ!

余裕をもつ≒頼りがい≒気持ちよい≒楽しんでくれる、というように繋がっていますので、その所を意識されてみて下さいね。

次回は大好きな女性の前では余裕がなくなってしまうという男性でも、準備次第で彼女に楽しんでもらって良い印象を与えられる方法についてお伝えしますね。
ホワイトデーでプレゼントを渡す彼女に楽しんでもらう方法とは!?

最後までお読み頂きありがとうございました!