友チョコ
最近のバレンタインデーでは男の子にチョコレートを渡すよりも、女の子同士でチョコを贈ることの方が多くなっていますね。

バレンタインデーで友チョコをもらったら、今度はお返しを考えなくてはなりません。
当日交換という形で贈りあうのであれば気にすることもないのですが、予想外の友人からもらったりなどもあると思います。

そんな時、そもそもお返しをする必要があるの?

それともできる限り早くお返しした方が良いの?

もしくはホワイトデーにお返しをすれば良いの?

という疑問が湧きます。
そこで今回は、友チョコをもらった後のお返しについてどのようにすれば友達と良い関係でいられるかをまとめてご紹介したいと思います!


 友チョコのお返しは必要なのか?

そもそも、友チョコのお返しは必要なのでしょうか。
日本人は和を大切にする人種ですので、基本的にはその集団で関係を保っておきたいと考えるのであれば、しておいた方が無難だということはわかると思います。

ですが、それ以前にそれほど関係がない子や成り行きで自分ももらったという場合でも、人から物をもらったらしっかりとお返しをするというのは礼儀です。

日本にはお土産という文化がありますが、あれは”幸せのおすそ分け”という意味合いがあります。
もしあなたが、「この子から友チョコをもらったけど困る」と思っている場合でも、その子はあなたに喜んでもらいたく、あなたと仲良くしたいからプレゼントしたのです。

ですので、その好意を無下にせず、しっかりとお返しはしておきましょう。

学生の場合、あなたが仮にその集団でのヒエラルキーが高い場合は、低い子からもらった場合、人によってはお返しは必要ないと思われることもあるかもしれませんが、お返しをもらえなかった相手は、とっても残念な気分になってしまいます。

これから先、いつどこで会うかもわかりませんので、マイナスな行動(お返しをしない)は控えましょう。

また逆にあなたのヒエラルキーが低い場合、お返しをしておかないと仲間外れにされたりなどネガティブな出来事が起こる可能性が高いです。

お返しをすることでお互い仲間意識が強くなりこれまで以上に良い関係を築くことができます。

ですので、友チョコのお返しは必ずするようにしましょう!


友チョコのお返しはいつが良いのか

友チョコは基本的に文字通り友達同士で贈り合うものです。

バレンタインデーは毎年来るイベントですので、あの子からもらえるだろうなというのは、ある程度は事前に分かると思いますので、その分だけ用意をすることもできます。

ですが、やはり予想外の出来事が起こる可能性もあるわけで、「作りすぎちゃったから良かったらもらって」と言われ、拒否するのもなんだか申し訳ないので、受け取ってしまうこともあると思います。

全てをお金で解決しようと思うと難しいですよね。
1人500円のお返しをするとしたら、10人いたら5000円ですからね。

ですので、板チョコなどのチョコレートを溶かして型にはめたりなどの手作りの方がコスパ的にも非常に良いです。
100均の包装でも良いものは沢山ありますからね。

ちなみにこんな嬉しい人気商品があります。
こちらはスーパーで売っている市販のチョコレートを使用してクルクル回すだけで立体的なチョコレートができる仕様になっています。
くまやうさぎ、クローバーやハート型など数種類のバリエーションがあり、そこに自分でデコレーションすれば、オリジナルなものが出来上がります。

 
 

さて、本題のお返しの時期ですが、1週間以内であれば問題ありません。

また、ホワイトデーにお返しをする場合など日があいてしまう場合には、しっかりとその旨を相手のお友達に伝えましょう!
その場合1ヶ月間相手に待ってもらうことになるため、相手の期待度も高くなりがちです。

ですので、数百円のチョコレートを渡すよりも、手作りでラッピングもオリジナルなものを用意すると良いでしょう。

コスパ的にも、相手の喜びの程度も市販品を購入するより手作りの方がベストだと言えます。

 

ただ、どうしても市販品でのお返しが駄目だということではありません。

時間がなかったり、手作りは自信がないという場合も勿論ありますよね。

そんな時は、市販品にご自身のオリジナルのラッピングを巻いてあげて、メッセージカードを添えてあげましょう。

基本的にお返しは相手よりも+αの要素を加えると非常に喜ばれます。

ですので、これらの労力は加えたいところです。

まとめ

今回は友チョコをもらった後のお返しについてどのようにすれば友達と良い関係でいられるかについてお伝えしました。

普段関わりが少なかったとしても、いつどこで会うかもわからないので、お返しはしっかりするようにしましょう。

また、市販品ではなくなるべく自分のオリジナルのチョコレートを作ることが望ましいのでしたね。

友チョコのお返しは気を遣う部分ですが、せっかくのイベントなので、楽しくお互い気持ちよく終えられると良いですね。