紫外線対策
紫外線量が気になる季節がやってきました。
最近はオゾン層の減少に伴い、紫外線の吸収量の低下を招き、ますます日焼け対策が必要になってきています。

そこで、今話題になっている紫外線対策がマスクです。
安価で誰でも購入できるので使いやすいですよね。

冬には風邪やインフルエンザウイルスへの対策に、春には花粉症、そして紫外線が一番強くなる夏にも活躍してくれるというのですが、果たして本当でしょうか。
誰しも一度は着けたことがある手軽なアイテムですので、マスクで紫外線対策ができるとなれば、儲けものですよね。

そこで今回は、マスクが与えてくれる紫外線対策効果と、既に自宅にあるマスクをUVカット使用にするリーズナブルな方法についてお伝えしたいと思います。


マスクに紫外線を遮断する効果はあるの?

紫外線の影響
結論から言うと、風邪やちょっとした体調不良でこれ以上悪化させたくないという時に着用する白いマスクに紫外線遮断効果は期待できません。

なぜなら、白色は最も紫外線を通しやすい色であり、着用していたとしても肌まで紫外線の波が届いてしまうからです。

ここで紫外線の波について見てみましょう。

紫外線にはA波(UVA)B波(UVB)があり、A波は当たってすぐに肌が黒くなったりという変化は起こりにくいのですが、長時間当たり続けて蓄積された結果、シミやしわなどの発生に大きく関与すると言われています。

つまり長い時間をかけて、自分では気づかない内に肌の細胞を変化させ悪影響を及ぼすということになるのです。
また、オゾン層を通過しやすい(波長が長い)のもこのA波の方であり、A波はB波の約20倍もの量が普段生活する地表に降り注いでいます。
ガラスにも通りやすいという性質もありますので、自宅にいても安心することができないのがこのA波の特徴です。

次にB波ですが、これは肌が赤くなったりする原因となる紫外線になります。
B波は特にエネルギーが強いため、肌の細胞を傷つけやすい性質があります。
そういった理由からB波に当たることで肌が赤くなってしまったり、皮膚ガンになってしまうという結果を招くことになるのです。

ですが、B波は波長が短いという特徴もあるため、前述したA波と比較するとオゾン層に吸収されやすく、地上に到達するのも全紫外線量の約1割となっています。

ですので、しっかりとした紫外線対策を行えば防御がしやすい紫外線と言えます。

このように紫外線にはA波とB波という2種類の波がありますが、白色の使い捨てマスクではこの両方を通しやすくなってしまう結果、肌が赤くなってしまったり、皮膚ガンを誘発したり、シミやしわといったコンプレックスを防ぐ防御璧としての効果を期待するには弱すぎるのです。

ではどのようなマスクなら良いのでしょうか。


UVカットマスクが及ぼす効果!もう恥ずかしくない!

普通の日常で使用する白いマスクでは紫外線対策の効果が期待できないということはお伝えしました。

ではどういったマスクであれば効果があるのでしょうか。

そこで活躍するのがUVカットマスクです!
UVカットマスクを聞いたことのある方はほとんどだと思いますが、実際に着用された方というのは少ないのではないでしょうか。

恥ずかしかったり、とりあえず普通のマスクでいいや・・と思い、UVカットマスクデビューの機会が失われてしまっている方もおられると思います。

ですがこのUVカットマスク、実際着用してみると普通のマスクと何ら変わりありません

傍から見ていてもUVカットなのかどうか見分けがつかないんですね。
ですので、UVカットマスクを着用することを恥じる必要は全くないのです。

夏場にマスクをして外出というのは

「あの人どうしてこんなに暑いのにマスクなんてしてるの?」
という眼でみられるのは、ある種仕方がありません。

そんな中で“普通のマスク”をしてこういった視線を気にしながら外出してしまうと、結果的には紫外線対策効果も見込めず、肌にはダメージが残り、周りの眼も気にしてしまうことで心も疲れてしまって、せっかくの外出も楽しめないという悪循環になってしまいます。

それならいっそのことUVカットマスクを着用して堂々と外出することで、紫外線対策効果を狙っていきましょう!

つまり

○普通のマスク

紫外線対策効果→なし

肌へのダメージ→大いにアリ

周囲の目→気になる

あなたのメンタル→疲れる

 

という何の効果も期待できないところから

 

○UVカットマスク

紫外線対策効果→9割以上

肌へのダメージ→ほとんどなし(あっても微量)

周囲の目→良い意味で関心なしに映る

あなたのメンタル→平穏

 

に変化するわけですね。

お話した通り、紫外線を気にする方というのは肌の変化に敏感であり、同時に周囲の眼も気にしやすい傾向にあります。

そういった中で“普通のマスク”を着用していると周りが気にしている、していないに関わらず、余計に自分の中で周囲の眼が気になってしまい、心も疲れてしまってそれがストレスとなり、肌への悪影響を及ぼすという結果を招きやすいです。

 

ですが、“UVカットマスク”を着用することで自分の中の迷いがなくなって紫外線対策をしよう!という前向きな発想になるので、堂々としていられるんですね。

その結果周囲の眼も気にならずにメンタルも平穏に保たれ、肌へのダメージも抑えられるため、外出先で思う存分楽しめるという好循環になるのです。

 

このように気休めでの“普通のマスク”の着用よりも、“UVカットマスク”で紫外線対策を前向きに行った方が、肌も心も満たされることがお分かり頂けたと思います。

ストレスを溜めることで肌へのダメージが身体内部から起こる危険性を放置するよりも、UVカットマスクで紫外線対策を行うことで、堂々と「UVカット目的です!」と思い込める効果があるので、周りの眼も気にせずにすむというわけですね。

実際、迷いのある状態よりも迷いがなく堂々としていられる精神状態の方が、身体の免疫力も高まる傾向にあるため、肌への影響も馬鹿にできないのですよ。

つまりUVカットマスクにはマスクそのものが及ぼしてくれる紫外線対策効果以外にも、前向きになって免疫力が強化される結果、肌が強くなるという効果もあるのです!

今では洗濯しても何度も繰り返し使えるマスクも沢山ありますので、一度試してみられても良いかもしれませんね。

 
 

使い捨てマスクを紫外線対策用に変身させる方法

UVカットマスクが及ぼしてくれる効果についてはお伝えしましたが、そうはいってもマスクだけでは勿体ない!日常にあるものをUVカット仕様にできるような、もっと多方面に活用できるものが欲しい!という方もおられると思います。

そこで、そういった応用品をご紹介しようと思います。

この多方面に応用可能なアイテムですが、UVカットスプレーになります。
マスクに比べると価格は3000円と多少割高になってしまいますが、それでも衣類やカーテンなどにも使用できるため、外出先だけでなく自宅での紫外線対策にも効果はバッチリです。

自宅にいても影響がある紫外線がA波でしたね。
こういった紫外線の防止効果に応用できるところがスプレーの良いところです。

 
つまり、サブタイトルにある使い捨てマスクを紫外線対策用に変身させる方法というのは、既に自宅に大量にあるマスクにこのスプレーをかけてあげることで、UVカットマスクに変身させてしまおう!というものです。

マスクだけに使用するためにスプレーを購入する位なら既に加工してあるUVカットマスクを選択する方が手間も省けて良いですが、他にも活用したいという方はこういったスプレータイプのものが応用できるのでおススメです。

また他には、UVカット効果のある薄い布を普通のマスクと顔の間に挟み込んで使用するという方法もあります。

少し息苦しさを感じるかもしれませんが、これは布にハサミで穴をあけたりなどで解決できます。
挟み込んでいるため、ズレ落ちる心配もありません。

気になる方は一度試してみられることをおススメします。

まとめ

今回はマスクが与えてくれる紫外線対策効果と、既に自宅にあるマスクをUVカット使用にするリーズナブルな方法についてお話しました。

実際に紫外線対策効果があるのはUVカットマスクでしたが、そのUVカットマスクには紫外線対策だけではなくて、迷いがふっきれることで気持ちが前向きになり免疫力も高めてくれる結果、肌が強くなるという好循環を生み出してくれる効果もあるのでしたね。

また応用法として日常での様々なシチュエーションに使用できるUVカットスプレーというアイテムもご紹介しました。

今では思っている以上に多彩なアイテムが揃っていますので、こういった武器を上手く活用しながらこの季節を乗り切っていきましょう!