中村俊輔

出典(http://footwall.verse.jp/superplay/4779)

1月8日の本日、横浜FMからジュビロ磐田への電撃移籍が報じられました。

中村俊輔と言えばマリノス、そう定着していた方も少なくないのではないでしょうか。

 

またマリノスといえば、Jリーグの名門の1つ。

その名門からなぜジュビロ磐田に移籍するのか、気になる方も多いと思います。

 

筆者もかなり驚きました。

まさか実現するとは(゚д゚)!

 

そこで、今回はなぜ中村俊輔が磐田へ移籍することとなったのか、

その理由についてまとめました!



 移籍の原因はマリノスにあり!

報道によると今シーズンを迎えるにあたってのクラブの偏性面に不信感をもち、マリノスに対して中村俊輔が失望し、移籍に踏み切ったとあります。

マリノスの偏性面への影響力はシティ・グループにあり、その世代交代という方針により、これまでの功労者に対しての年俸の減額や、求心力の低下した現マリノス監督のモンバエルツ監督の続投というフロントへの隠せない不信感から移籍を決断したと言われています。

ちなみに、シティグループとはシティ・フットボール・グループ (City Football Group)の略で、イギリスプレミアリーグのマンチェスターシティ、MLSのニューヨーク・シティFC、オーストラリアのメルボルン・シティFCを傘下にもち、横浜FMの株主でもあります。

 

歴史があるのかと思いきや、2014年というごく最近に設立されており、本社をイギリスにもつサッカー事業グループのことです。

 

このシティグループにより、歴史のある横浜FMが中村俊輔という日本サッカー界のレジェンドから不信感をもたれるまでになったというのは、実に悲しい話ではありますね。

こういった選手と経営方針のミスマッチより、現在38歳である中村俊輔が望む

クラブとの複数年契約を結べなかった

ということが移籍の決断を後押しした理由になります。

 

また、どうせ年俸が減額されるなら、もっと落ち着いてサッカーに専念できる環境を求めて移籍に踏み切ったとも言われていますね。

 

ではなぜ移籍先がジュビロ磐田なのでしょうか?

日本サッカー界のレジェンド、中村俊輔であれば、どのチームも喉から手が出るほどに欲している選手だと思います。

 

その中村が年俸減額を受け入れてまでサッカーに没頭できる環境を求めているのであれば、

どのクラブにも移籍実現の可能性はありましたが、結果はジュビロ磐田でした。

 

その理由について見ていきましょう!


 なぜジュビロ磐田なのか!?

中村俊輔側の理由

中村側の理由としては、38歳という年齢のため残りのサッカー人生を純粋にサッカーに捧げたいという想いが強いとあります。

それを実現させることができるのが、2000年のアジアカップで共に優勝の喜びを分かち合った名波監督の存在が一番の理由と見ていいでしょう。

 

名波監督と中村俊輔は同じ左利きであり、創造性豊かなサッカー観も似たものがあり、その時代のレジェンドという肩書きも共通のものがあります。

 

名波監督の中村俊輔に対する期待度は非常に高く、エース番号である背番号10を託すとされています。

また、名波監督はサッカーに年齢は関係なく、パフォーマンスが良ければ何歳でも使うと発言されていました。

 

実際、昨季の中村俊輔の平均走行距離は12km超えなど、サッカー選手として決して衰えを見せない数字をたたき出しています。
また、技術面でも直接FKのJ1歴代最多得点記録更新など、まだまだその存在感と影響力は健在です。

 

そういった中村俊輔自身がまだまだできると思う中での横浜FMの不振対応、そしてジュビロ磐田で指揮を執る名波監督の人柄、考え方に通ずる部分があり、今回の移籍が実現したとされています。

 

 ジュビロ磐田側の理由

中村俊輔側の理由としては上記でお伝えした通りですが、ジュビロ磐田側の理由としてはどうだったのでしょうか?

こういったレジェンドの移籍となると、よく宣伝効果による観客動員数の増加を目的としての移籍と言われていますが、ジュビロ磐田の場合は異なるようです。

 

勿論、中村俊輔が来てくれるとなれば、それなりに動員も見込めるという理由もあるとは思いますが、何より日本代表に選出された小林祐希の磐田からオランダ1部のSCへーレンフェーンへの移籍による、司令塔不在が大きな理由となっています。

 

実際ジュビロ磐田は小林祐希がいたJ1第1ステージでは8位という成績でしたが、第2ステージでは14位と、大幅に順位を低下させることとなってしまいました。

そういった理由から、元日本代表レジェンドである中村俊輔にオファーを提示し、その熱い想いが伝わったため移籍が実現したということですね。

 まとめ

今回は元日本代表であり日本サッカー界のレジェンド、中村俊輔のジュビロ磐田への移籍についてのお話でした。

簡潔にいうと、

・横浜FM経営陣への度重なる不信感

・ジュビロ磐田で指揮を執る名波監督の存在

が移籍実現に対しての大きな理由でしたね。

中村俊輔は今季39歳とサッカー選手としては決して若くはない年齢ですが、豊富な海外経験とその創造性により、新たな移籍先であるジュビロ磐田で更なる飛躍を遂げてほしいですね!