友チョコ
彼氏や好きな男性にあげるバレンタインも大切ですが、年に1回のイベントなので、どうせなら友達と贈り合う友チョコも楽めたら良いですよね。

そしてチョコレートのバリエーションが豊富なこの時期は普段頑張る自分にも1つプレゼント、と密かに楽しみにしている方もおられるのではないでしょうか?

そこで今回は、友達にあげても喜ばれて自分でも楽しめる、そんなチョコレートをご紹介しようと思います。

知らないブランドもあるかもしれませんので、この機会にチェックしてみて下さいね。


おすすめな友チョコ7選!イメージに合うチョコは?

プリティな友チョコ編

カファレル

友達同士でチョコの可愛さを楽しみながらワイワイしたいならカファレルが一番です。

きのこ型の容器に入ったきのこの包装をしたチョコレートが有名でしょうか。

カファレルはイタリアのトリノのチョコなのですが、甘すぎることなく、まろやかな食感で、その可愛い絵柄やデザインから子供に戻ったように楽しめます。

いちごのチョコにはいちごの粒粒が入っていたりと拘りを感じられます。

さすがイタリアNo1のチョコレートといったところでしょうか。

パッケージがとってもキュートなのがカファレルの魅力です♡

 
 

ビューティフルな友チョコ編

ドゥバイヨル

ベルギーのブリュッセルのチョコで大人なイメージの強い人気ブランドのドゥバイヨル。

パッケージに品があり、チョコに描かれているデザインもおしゃれでヨーロッパを象徴するチョコレートブランドになります。

こちらは甘くてもくどくない甘さとなっており、値段の高さが気にならないほどに美味しくてプレゼントするとほぼ例外なく喜ばれ、センスがあると言われます。

 
 

キュートな友チョコ編

ゴンチャロフ

こちらは神戸の北野町で生まれたチョコレートになります。全国展開しているため、近くの店舗でも購入できるのが嬉しいですね♪
一粒一粒が非常に丁寧に作られており、食べるのが勿体ないくらいのデザインで、まさに1粒を楽しみたくなる華やかな味わいのチョコレートになります。

 
 

美味にこだわる友チョコ編

ベルン

ベルンは1965年に日本で初めてチョコレートをかけたミルフィーユを創ったお店として有名です。

サクサクのパイをクリームで挟んで、そこにチョコレートでコーティングしています。

関東圏にしか店舗がないため、東京土産としても人気があり、ハズレのないお菓子となっています。

数本~30本入りまでセット販売されているので、まとめ買いをして数本ずつ友チョコ用にオリジナルのラッピングをすると良いですね♪

価格も2000円未満ととってもリーズナブルになっているのも嬉しいですね。

 
 

女の子のための友チョコ編

メリーチョコレート

女の子の横顔マークが特徴的なこのメリーチョコレートですが、1950年に東京で生まれました。「想いを贈る」がテーマとなっています。

これまでご紹介したブランドも充分女の子同士で楽しめるのですが、このメリーチョコレートというブランドは特に女の子に特化したブランドとなっており、味も見た目の可愛さもまさに女の子のためのチョコレートをイメージして作られています。

女の子なら一度はプレゼントされてみたいですね。

 
 

ジュエリーな友達への友チョコ編

デルレイ

デルレイはベルギー北部のアントワープで1949年に創業されました。

アントワープはダイヤモンドで有名な町であり、チョコレートもその名に恥じない宝石玩具のような精巧さでとっても輝かしく彩が豊かとなっています。

味に至っても申し分なく、納得の1個あたり500円のチョコレートと言えます。

普段宝石のように輝く憧れの友人にプレゼントされてみてはいかがでしょうか。

人生で一度は味わってみたいチョコレートです。

 
 

親友のための友チョコ編

ゴディバ

ゴディバはベルギーのブリュッセルで生まれました。世界80か国以上にその名を轟かせる圧倒的なブランド力をもつチョコレートメーカーです。

高級感は言うまでもなく、可愛さやチョコレート本来のカカオの深みなど全てを兼ね備えているチョコレート界の王様と言えます。

ちょっとやそっとのことでは壊れない親友には、当たり前のようにこの王様のゴディバをプレゼントするとお互いの気持ちを改めて認め合えることでしょう。

 

まとめ

今回は友達にあげても喜ばれて自分でも楽しめる、そんなチョコレートをご紹介しました!
あなたは7つのうち、どのチョコレートが気に入りましたか?

どのブランドにも特徴があるので、友チョコ用ならその友達のイメージに合うチョコレートをプレゼントされると良いとですね♪

自分用であれば素直に気になったチョコレートを味わって下さいね。

バレンタイン、ホワイトデーが彼氏だけでなく友達との距離も縮まる、そんなイベントになると良いですね!