友チョコお返し
今では学校で友チョコを渡し合う光景がよく見られます。
華やかに見える反面、案外面倒くさいと感じている女子も少なくないのではないでしょうか?

付き合いとはいえ、確かに気も遣いますよね。

でも、やっぱりどうせ作るなら可愛いものに仕上げて喜んでもらいたい!
それが女心ですよね。

そこで今回は、友チョコを簡単に大量生産したい方に向けた情報を紹介したいと思います。


友チョコの平均予算は?手作りレシピも欲しい!

現在女子中学生、女子高生の友チョコの相場はおよそ500円~1000円ほどになっています。

大学生でしたら自分でアルバイトをするのも当たり前になりますが、中高生の場合は学校の事情などにより難しい場合も多く、そういった事情から予算も限られ、必然的に手作りへと移行する方も多いようです。

手作りなら板チョコを溶かしてオリジナルティを出した型をとり、固めてデコレーションするだけで済みますからね。

そこに100均のラッピングでも充分に見栄えは綺麗に映ります。

むしろ、学生同士であれば手作りの方がお互い手が込んでいる分、気持ちが通じて良いという意見もあり、必ずしも手作りが億劫という人ばかりではないのですが、やはり簡単に済ませられるならそれに越したことはありませんよね!

そこで、はじめて作る手作りチョコでも簡単に美味しい友チョコを大量生産できる本をご紹介したいと思います。

特徴としては、

○調理器具の説明が丁寧!

○特別な材料は必要なし!(オーブンも不要)

○板チョコでできる!

○アイデアが豊富!

○本自体もコンパクト!

○海外の人気チョコスイーツのレシピを記載!

○ラッピングについても記載されている!

となっています。

お母さんと一緒に作って、ラッピングを楽しみながら友達にプレゼントするのも良いですね!

 
非常に簡単に出来るので初めてでも安心して作れますし、事前知識がある方なら応用として使ってみても良いかもしれません。

毎年来るイベントであるバレンタインデーとホワイトデーに備えて、学生である今の時間を活用してお菓子作りもマスターしてみてはいかがでしょうか。


コスパ最強の市販のチョコレート

ここでは、普段の日常でお世話になっているお菓子を大勢のお友達に配布したいという方に向けてご紹介します。

まずはキットカット

学生さんなら定番ですよね!

キットカットに名前を書いて、メッセージカードも加えるとちょっぴり工夫が見えて良いですね♪

ほんの少しの手間で相手の受ける印象はガラッと変わってきますよ!

 
 

次にブラックサンダー

これも定番ですね(笑

バレンタインになると“義理”と記載されたブラックサンダーが発売されることから、意図も伝わりやすいです。

日頃から人間関係が出来ている間柄だとできる方法ですね!

 
 

そして成城石井 ナポリタンチョコレート

コスパが非常に良く、バレンタインの時期には重宝することで有名ですよね!

 
キットカット、ブラックサンダー、ナポリタンチョコレート3種全て合わせてラッピングをして、プレゼントするのも良いかもしれませんね!

 

最後に、コスパは悪くてもあの子には市販のブランド物の丁寧なものを渡したい!という方もおられると思います。

そういった方はブランド物でも1000円未満で購入できるものもありますので、参考にされてみてください。

○ゴディバ
 

○モロゾフ
 

モロゾフは300円代でもありますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は友チョコを簡単に大量生産したい方に向けた情報を紹介しました。

本は一度購入すればその後の知識は自分のものになりますし、翌年度も応用できるので1冊はあっても良いかもしれませんね。

また、キットカットなどのコスパ重視の場合でもラッピングやメッセージカードを加えることによって、オリジナリティが出るということもわかりました。

そして意外だったかもしれませんが、ゴディバやモロゾフといった有名ブランドでも1000円未満の商品はあるので、どうしても友達には良いものをプレゼントしたいという方は検討されても良いと思います。

友達と良い関係でいられるように、ベストな方法を選ばれてみて下さい!