焼き味噌おにぎり

出典(http://kumiko-jp.com/archives/68115.html)

おにぎり、手軽でおいしいですよね。味付けも自分好みにできたりで、これほどシンプルな料理は世界でも限られるのではないでしょうか。

そもそも料理と言ってよいのかは賛否両論ありそうですが(笑

 

日本では同じ料理であっても地域差があって、異なる味付けになるから面白いですよね。

ラーメンなどが代表的でしょうか。

いやいやおにぎりも負けてません!

 

ということで、今回は「味噌おにぎり」について調べましたので、解説したいと思います!

筆者も知らなかったことが満載で面白かったです。

 
それでは見ていきましょう!!


味噌おにぎりの発祥地は?焼かない方が美味しいの?

生味噌おにぎり

出典(http://kumiko-jp.com/archives/68115.html)

味噌おにぎりの発祥地は大きく分けて、仙台と長野に分かれます。

 

焼いて食べるのが仙台

焼かないで食べるのが長野と言われています。

 

焼いた方が香ばしさやパリっとした触感などが楽しめる変わりに、

ひと手間かかるので、一長一短がありますね。

 

また、東日本と西日本では味噌に対する認識の違いもあるようです。

 

味噌に対する東日本の認識は“保存食”

対して西日本は“調味料”として用いられています。

 

また、傾向としても東日本は生味噌を使用し、西日本は焼く傾向があるようですね。

 

筆者は関西よりの人間ですが、どちらかというと焼いて食べていた記憶があります。

確かに保存食というよりは調味料という認識でした。

 

そこで今回、焼かない生味噌おにぎりを実際に作って食べてみました!!

 

結果は、、、

 

全然いけますね!!

 

というより、焼かない方が美味しいんじゃないかと思うほど、味噌本来の味がホカホカの白ごはんと混じりあって、楽しめました。

 

焼かないで食べると生味噌の味を楽しめる分、味がどうしても濃くなってしまう点が好みが分かれる部分かなぁ~と感じました。

でも焼かない場合は味噌をごはんにのせるだけの手軽な料理ですから、味が濃くなるのは仕方ないかなぁと思います。

 

焼いたとしても片手間なので、もし焼く方が好みだということであれば、時間もかからないでできちゃうので、好みに合わせて楽しめば良いと思います。

 

それでは焼味噌おにぎりのレシピや気になる効能について見ていきましょう!


焼き味噌おにぎりのレシピと意外と優れた効能!

味噌おにぎりってものすご~く栄養が豊富なんです。

そもそも味噌が大豆を蒸したものなので、栄養成分が豊富だとは知っていましたが、

具体的にどのような効果があるのかまでは知らなかったので、驚きました。

 

大豆を発酵することで大豆にはない(あってもごく少量)のアミノ酸やビタミン類が豊富に生成され、味噌にすることで栄養価が飛躍的に上がると言われています。

 

また調べてみたところ、以下の効果があると言われています。

 

・発酵による老化抑制機能

 

・抗酸化作用による美白・美肌効果

 

・乳がんの発生率が40%減少(1日3杯の味噌汁で)

 

・血圧低下作用

 

・胃癌抑制効果

 

・糖尿病抑制効果

 

骨粗鬆症予防効果

 

・みそは食中毒に強い!

 

などなど、様々な効能がありますね♪

 

味噌に対することわざで、以下のものがあります。

 

「みそ豆は七里帰っても食え」

(健康に良く、栄養価が高いことのたとえ)

 

「みそで呑む一杯、酒に毒はなし」

(酒も味噌をつまんで飲めば害が少ないというたとえ)

 

味噌は医者いらずという言い伝えがあるように、昔から味噌は大変栄養価が高い食材として知られていたんですね~。

これほど効能が優れていると、味噌おにぎりはこれから流行りそうですね!

 

そこで焼き味噌おにぎりレシピを用意しました!

 

これであなたも今日から焼きみそおにぎり博士です(笑

 

【材料(2個~3個分)】

ご飯…適量

味噌…大さじ1.5

砂糖…小さじ1.5~2

清酒…小さじ1

 

 【作り方】

①味噌、砂糖、清酒を混ぜ合わせます。

②ごはんを握って、金網が熱くなったら火を弱火にしておにぎりを乗せます。

③表面が硬くなってきたら、裏返します。

④両面が焼きあがったら、①で作成した味噌をヘラなどで乗せて軽く焼きます。

⑤さらに、塗ったおにぎりを裏返し、両面を焼いて焦げ目がついたら出来上がりです。

 

焼かない方は紹介するまでもありませんよね~(笑

このレシピを参考にぜひ味噌おにぎりをご賞味されてくださいね!

まとめ

本日は味噌おにぎりの発祥地や栄養からもたらされる効能についてお伝えしました。

癌予防や血圧低下など生活習慣病にも多大なる効果を示してくれるのが味噌ということでしたね。

また、東西で味噌に対する認識の違いがあったり、焼く派、焼かない派など地域差もあり、一長一短があるというお話でした。

最後になりますが、味噌は戦国武将の大切な料理の1つだったとあります。

皆さんも味噌おにぎりを食べて、長寿で健康を保てるように日々の戦いに備えましょう!!