紫外線
すっかり寒い季節から暖かい季節へと移り変わり、これからバーベキューや海水浴など外出の機会も増えてくるのではないでしょうか?

そんな時に気になるのが紫外線ですよね。
最近はオゾン層の減少ということもあり、夏場に降り注ぐ紫外線が強くなっている傾向にあります。

お肌の弱い方や年齢と共に肌の弱さを感じ始めている方にとっては辛い時期でもあります。

たった1日でも長時間日差しを浴びていると腕や顔がヒリヒリして皮がめくれたりなど、あまり良いことはありませんよね。

そこで今回は紫外線アレルギーの原因や症状、そして効果的な予防方法についてお伝えします。


紫外線アレルギーの症状と分類

紫外線の症状
今この記事を読まれている方は“自分が紫外線アレルギーだと自覚している人”“ひょっとしたら自分は紫外線アレルギーなんじゃないかと確信がもてない人”だと思います。

ですので、まずは簡単に紫外線アレルギーについてお話し、それから症状について見ていこうと思います。

 

そもそも紫外線アレルギーとは、太陽の光(紫外線であるUVAUVB)に過敏に反応してしまい、皮膚に何かしらの症状が出ることを言います。

紫外線アレルギーの症状として以下のものがあります。

もし該当していれば悪化を防ぐ為にも、しっかりとした対策が必要になります。

 

○炎症

○湿疹

○水ぶくれ

○腫れ

○発熱

○嘔吐

○頭痛

○眼の充血、腫れ

 

上記のうち紫外線を浴びた日や翌日に、浴びた部分にだけ気になる症状が“ある日突然”起こるようであれば紫外線アレルギーの可能性が高いと言えます。

 

ちなみにアレルギーにはいくつかの分類があるのですが、紫外線アレルギーはⅠ型アレルギーに区分され、これは別名で即時型アレルギーとも呼ばれています。

花粉症やアトピー性皮膚炎もこの即時型アレルギーであり、これまでは何ともなかったのに、“ある日突然”症状が気になり出したということが起こり得るのです。

紫外線アレルギーの原因とは?

紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーの原因は、大きく2つに分けられます。

それは、身体の内側からの原因である内的要因と身体の外側に原因がある外的要因です。

紫外線アレルギーの内的要因

ここで言う内的要因とは遺伝に関係しているのですが、これは血清中の抗体量(IgE抗体)が影響しています。

通常私達の身体は何かしらの刺激や異物が身体と反応した際に抗体がつくられます。

この抗体はその刺激や異物を攻撃して倒してくれる役割を果たし、それを“免疫”と総称しています。

しかしこの“免疫”が刺激となる原因物質などを攻撃する際に過剰に反応し過ぎてしまうと、本来私達の身体を守ってくれるはずの免疫という仕組みが一転して身体に害を与えることとなるのです。

これがアレルギーの内的な発症メカニズムになります。

 

紫外線アレルギーの外的要因

この外的要因は文字通り外からの原因であり、私達が普段使用しているアイテムがアレルギーを引き起こすきっかけになってしまっています。

具体的には、肌に合わない日焼け止めや化粧品が紫外線と反応してしまうことにより起こります。

日焼け止めや化粧品には紫外線吸収剤が含まれており、より紫外線を吸収しやすい環境を自らで作ってしまうことで光毒性の影響を受けてしまい、紫外線アレルギーへと発展してしまうということです。


紫外線アレルギー対策に効果的な予防方法

現代の医学でできる紫外線アレルギー対策は対処療法のみになります。

ですので、残念ながら完治させる治療薬はなく、自分で対策を打つしか方法がないという現状です。

一度発症してしまったら、極めて治りにいのが紫外線アレルギーの厄介なところで辛いところでもあります。

 

ですが気を落とさずに、打てる対策は施していきましょう!

それでは具体的な対策ですが、以下になります。

 

紫外線を浴びない(日差しの強い日は外出を控える)

UVカット加工がされているアイテム(帽子や日傘)を活用する

眼の疾患を防ぐためにサングラスで守る

日焼け止め購入時は紫外線吸収剤の入っていないものを選ぶ

 
 
 

自宅でできる紫外線対策として、カーテンやUVカットフィルムを活用する

 

これらを日々意識して万全に施していけば辛い症状も軽減するはずです。

始めは帽子やサングラスなどは慣れないかもしれませんが、人間は慣れる生き物ですので毎日使用していればそれが日常化し、当たり前になります。

ですので始めの時こそ意識して対策していきたいですね!

 

ちなみに、個人的にはUVカットフィルムはかなり効果的だと思っています。

実際ものによっては99%も室内への紫外線をカットしてくれる商品もあり、自宅での紫外線対策も大切だと実感しています。
 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とは?

日焼け止めなどに含有されているこの2つの成分ですが、簡単に説明しますね。

まず紫外線吸収剤とは読んで字のごとく、紫外線吸収作用があるため紫外線が皮膚に届かないように働いてくれる効果があります。

この紫外線吸収剤は紫外線防止という観点で見れば効果的なのですが、その効果の高さのあまり肌にストレスを与えてしまう結果、アレルギーとなってしまうのです。

 

対して紫外線散乱材とは、肌への紫外線を散乱、反射させることで皮膚に紫外線が届かないように働いてくれる効果があります。

紫外線散乱材とは異なり、直接ブロックしてくれるわけではないため若干効果は落ちますが、その代わり肌へのストレスも少なくなっています。

ですので紫外線アレルギーを発症されている方は、紫外線散乱材を含んでいる日焼け止めを使用された方が良いですね。

 

紫外線対策の注意点

紫外線対策の注意点
いくら紫外線対策を万全に施していても、外出一番で強い紫外線を浴びてしまうと身体が敏感に反応してしまい免疫反応が起こります。

人間にとって紫外線はビタミンDの活性化(骨形成促進)など有益な面もある一方、アレルギーを引き起こすという有毒な物質でもありますので、UVカットフィルムを施した快適な自宅で過ごしていた状態から、いきなり日差しの強い場所に移動するのは禁物です!

いきなり強い紫外線を浴びることは避けるようにしましょうね。

 

まとめ

今回は紫外線アレルギーの原因や症状、そして効果的な予防方法についてお伝えしました。

紫外線アレルギーは一度発症してしまうと完治することが難しくありますので、アレルギーになる前からしっかりとした対策を施しておく必要がありますね。

今の時代ネットで簡単に紫外線対策のグッズを手に入れることができますので、帽子やサングラスなど気になるアイテムがあれば一度試されてみてはいかがでしょうか?

既にアレルギーを発症されている方は勿論、されていない方もいつ発症するかわからないという意識で紫外線対策を行っていきましょうね。