サッカー日本代表

出典:http://www.jfa.jp/national_team/beach_2016/

 

ロシアW杯があと1年に近づいてきたこともあり、最終予選も後半に差しかかりました。

前回の最終予選2連戦ではアウェーでのUAE、ホームでのタイともに勝利で飾ってくれましたね!

 

特に久保裕也選手が2試合連続ゴール含め、常にゴールに絡んだ動きが圧巻で、
川島選手も試合の流れが変わりそうな決定機を止めたり、PK阻止など大活躍でした。

予選残り3戦、そしてW杯もこの勢いで行ってもらいたいですね!

さて、そんな中で最終予選の次の相手であるイラクとの前にキリンチャレンジカップが開催されます。

その相手はシリアとのこと。

シリア戦のメンバーも楽しみながら、放送時間や放送局もチェックしていきましょう!


シリア戦は仮想イラク?

 

シリア戦に対する現日本代表監督であるハリルホジッチ監督のコメントがこちら

 

「シリア代表はイラク代表と似たスタイルを持つチームです。前回の対戦のときも最後まで勝敗の分からない展開となり、クオリティの高いチームという認識です。イラク戦に向けたオーガナイズを考え、東京での試合を選択しました。国内で良い準備、トレーニングを行った上でアウェイへと移動したいと思います」

 

次戦のイラク戦へ向けた調整の意味合いが強いようですね。

おそらく引かれる相手に対して、早い時間帯でどう得点に繋げていくかということが課題だと思われます。

 

国内の東京スタジアムでのゲームとなるので、もしかすると海外組の中には7日のシリア戦にはこれない選手も出てきそうです。

その分、普段代表ではあまり見れない国内組の選手をチェックできますね。

W杯本戦に向けて少ない機会の中で少しでも良い選手が出てきてくれれば、というハリルホジッチ監督の気持ちが伺えます。

それではここで、W杯予選の予備登録メンバーを見てみましょう。

W杯予選予備登録メンバー一覧

この登録メンバーは今年3月に発表されたものになります。

 

GK(8人)

権田修一(鳥栖)

林彰洋(FC東京)

東口順昭(G大阪)

川島永嗣(メス)

櫛引政敏(岡山)

中村航輔(柏)

西川周作(浦和)

六反勇治(清水)

 

DF(26人)

藤春廣輝(G大阪)

岩波拓也(神戸)

川口尚紀(新潟)

車屋紳太郎(川崎F)

槙野智章(浦和)

丸山祐市(FC東京)

松原健(横浜FM)

水本裕貴(広島)

森重真人(FC東京)

室屋成(FC東京)

長友佑都(インテル)

丹羽大輝(G大阪)

大武峻(名古屋)

小川諒也(FC東京)

太田宏介(FC東京)

酒井高徳(ハンブルガーSV)

酒井宏樹(マルセイユ)

塩谷司(広島)

昌子源(鹿島)

武岡優斗(川崎F)

内田篤人(シャルケ)

植田直通(鹿島)

宇賀神友弥(浦和)

山中亮輔(横浜FM)

米倉恒貴(G大阪)

吉田麻也(サウサンプトン)

 

MF(36人)

青山敏弘(広島)

遠藤航(浦和)

遠藤康(鹿島)

江坂任(大宮)

藤田直之(神戸)

長谷部誠(フランクフルト)

橋本拳人(FC東京)

本田圭佑(ミラン)

細貝萌(柏)

井手口陽介(G大阪)

香川真司(ドルトムント)

柏木陽介(浦和)

加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ)

喜田拓也(横浜FM)

清武弘嗣(C大阪)

小林祐希(ヘーレンフェーン)

今野泰幸(G大阪)

南野拓実(ザルツブルク)

森岡亮太(シロンスク・ブロツワフ)

永木亮太(鹿島)

長澤和輝(浦和)

中島翔哉(FC東京)

中村憲剛(川崎F)

大島僚太(川崎F)

大森晃太郎(神戸)

大谷秀和(柏)

齋藤学(横浜FM)

瀬戸貴幸(アストラ)

柴崎岳(テネリフェ)

柴崎晃誠(広島)

高橋秀人(神戸)

谷口彰悟(川崎F)

山田大記(カールスルーエ)

山口蛍(C大阪)

高萩洋次郎(FC東京)

米本拓司(FC東京)

 

FW(27人)

浅野拓磨(シュツットガルト)

原口元気(ヘルタ・ベルリン)

ハーフナー・マイク(ADOデンハーグ)

指宿洋史(千葉)

乾貴士(エイバル)

柿谷曜一朗(C大阪)

金崎夢生(鹿島)

川又堅碁(磐田)

小林悠(川崎F)

興梠慎三(浦和)

久保裕也(ゲント)

倉田秋(G大阪)

宮市亮(ザンクト・パウリ)

武藤嘉紀(マインツ)

武藤雄樹(浦和)

永井謙佑(FC東京)

長沢駿(G大阪)

岡崎慎司(レスター・シティ)

大久保嘉人(FC東京)

大迫勇也(ケルン)

杉本健勇(C大阪)

鈴木武蔵(新潟)

鈴木優磨(鹿島)

高木俊幸(浦和)

田中順也(神戸)

豊田陽平(鳥栖)

宇佐美貴史(アウクスブルク)

 

個人的にはGKなら中村航輔選手、DFなら昌子源選手、MFは井手口陽介選手や南野拓実選手、森岡亮太選手、FWは鈴木優磨選手を見てみたいですね。

中村選手は22歳ながら貫禄があり、将来の日本を背負うGKになると思われますし、昌子選手は昨年のレアルマドリード戦で国内とはいえクリスティアーノ・ロナウド相手に引けをとっていませんでした。

井手口選手は2016年のJリーグベストヤングプレーヤー賞に選出されており、南野選手や森岡選手は海外で好調を維持しています。

また鹿島の鈴木選手は最近絶好調ですし。

前回大活躍の久保選手も23歳ですので、井手口選手や南野選手、鈴木選手にも全然チャンスがありそうです。

この機会にベテラン勢を脅かす存在が増えると見ている側としては面白いですよね♪

それではそんなテストマッチ的な要素のシリア戦の放送時間と放送局についてみていきましょう!


6/7シリア戦の放送時間と放送局は?

放送時間

19時25分 キックオフ予定

放送局

日本テレビ系にて全国生放送

 

現在シリアはA組4位で後がない状況です。

3位とのウズベキスタンとの勝ち点差は4と開いており、2位の韓国とも5となっていますので、次戦負ければプレーオフにも進出できない可能性が高まります。

そんなシリアの次戦は中国ですので、似た体格の日本は格好のテストマッチとなるはずです。

親善試合とはいえ真剣試合には間違いないので、当日が楽しみですね!

ちなみに過去シリア相手に日本はこれだけパスを繋げていました。

 


 

こんなシーンが途切れることなく見れると気持ちが良いですね!