サッカー
8月24日(木)にサッカー日本代表の最新メンバー発表がJFAハウスで行われました。

 

このメンバー発表は31日のW杯アジア最終予選のオーストラリア戦(ホーム)、9月6日のサウジアラビア戦(アウェー)のものになります。

 

オーストラリア代表のメンバーも一緒に掲載していますので、ご覧ください。

 

こちらの記事も読まれています↓
サッカーメキシコリーグ(本田圭佑)の放送を視聴!パチューカの反応も


サッカー日本代表メンバー一覧

 

▼GK
川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

▼DF
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
昌子 源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)
三浦弦太(ガンバ大阪)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルク/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
槙野智章(浦和レッズ)

▼MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口 蛍(セレッソ大阪)
井手口陽介(ガンバ大阪)
髙萩洋次郎(FC東京)
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
柴崎 岳(ヘタフェ/スペイン)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)

▼FW
久保裕也(ヘント/ベルギー)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾 貴士(エイバル/スペイン)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
岡崎慎司(レスター/イングランド)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
杉本健勇(セレッソ大阪)

 

GK中村選手、DF植田選手、三浦選手、MF高萩選手、小林選手、FW杉本選手あたりが目立ちますね。

 

金崎選手や宇佐美選手は今回は収集されなかったようです。

 

スペイン1部へ移籍した柴崎選手の復帰は嬉しいですね!

 

負ければ監督交代と囁かれるなかで、ハリルホジッチ監督はいつものメンバーのなかにも新しい選手を選出しています。

 

前回は10番をつけながら出番のなかった乾選手を、オーストラリア戦では見たい!と思うファンも多いのではないでしょうか?

 

オーストラリア代表のメンバー一覧

▼GK
ランゲラク(シュツットガルト=ドイツ)
ライアン(ブライトン=イングランド)
ブコビッチ(ゲンク=ベルギー)

▼DF
デゲネク(横浜M=日本)
R・マクゴワン(貴州智誠=中国)
セインズベリー(江蘇蘇寧=中国)
ガーズバック(ローゼンボリ=ノルウェー)
スミス(ボーンマス=イングランド)
ライト(ブリストル=イングランド2部)
スピラノビッチ(杭州緑城=中国)

▼MF
トロイージ(メルボルンV)
ミリガン(メルボルンV)
ロギッチ(セルティック=スコットランド)
アーバイン(バートン=イングランド2部)
ムーイ(ハダースフィールド=イングランド)
アミニ(オーフス=デンマーク)

▼FW
ケーヒル(メルボルンC)
マクラーレン(ダルムシュタット=ドイツ2部)
ユリッチ(ルツェルン=スイス)
クルーズ(ボーフム=ドイツ2部)
レッキー(ヘルタ=ドイツ2部)
メイビル(パソス・デ・フェレイラ=ポルトガル)

 

オーストラリアは主将のマイル・ジェディナク選手が負傷で外れています。

 

今年6月にアジア王者として参加したコンフェデレーションズ杯でも選外でしたので、状態が思わしくないのかもしれません。

 

マイル・ジェディナク選手は昨年10月の日本戦でゴールを決めていましたので、オーストラリアにとっては痛いですね。

 

ちなみに日本は原口元気選手がゴールを決めて、1-1のドローとなっています。

 

原口選手は難病の心臓病と闘っている少年・菊池秋也くん(11)が大ファンな選手なのですが、昨年6月に秋也くんのお見舞いに訪れていました。

 

そこで秋也くんは「オーストラリア戦頑張って、10点決めてください!」とリクエストしたそうです。

 

それに原口選手は「10点は無理だけど、1点決めるね」と返しました。

 

原口選手にはぜひ、得点を決めてもらいたいですね!

 

期待しています!!


オーストラリア戦の結果次第ではどうなる!?

サッカー

出典:http://www.jfa.jp/national_team/

 

グループB
出典:http://www.jfa.jp/samuraiblue/worldcup2018_final_q/schedule_result/

 

現在勝ち点は上記のようになっています。

 

現在首位の日本ですが、オーストラリア戦で負けることがあると30日に行われるサウジアラビアとUAEの結果次第では本大会圏外の3位へ転落するという可能性もあります。

 

そうなると9月6日に行われるサウジアラビアとの直接対決で全てが決まるわけですが、中東のアウェーで勝ちに行かないといけないという苦しい展開が待っています。

 

そこで、パターン別に分けてみました。

 

【オーストラリア戦に勝利した場合】

勝ち点
日本20
オーストラリア16
サウジアラビア16or17or19

 

勝ち点は日本20となり、30日のサウジアラビアの結果に関わらず、9月6日のサウジアラビア戦で敗北したとしても最低2位にはなるため、本大会出場可能

 

【オーストラリア戦ドローの場合】

勝ち点
日本18
オーストラリア17
サウジアラビア16or17or19

勝ち点は日本18、オーストラリア17となり、30日のサウジアラビアが勝利した場合は2位となる。

 

オーストラリアはタイ相手に勝利すると予想されるので、9月6日は勝利必須。

 

30日のサウジアラビアがドローor敗北した場合、日本は1位を維持。

 

9月6日のサウジアラビア戦は最低引き分けが本大会出場の条件となる。

 

【オーストラリア戦敗北の場合】

勝ち点
日本17
オーストラリア19
サウジアラビア16or17or19

 

勝ち点は日本17、オーストラリア19となり30日のサウジアラビアが勝利した場合、日本は3位に転落。

 

9月6日は勝利必須。

 

サウジアラビアがドローの場合は勝ち点17で並び、31日の得失点差次第では9月6日に勝利必須。

 

サウジアラビアが敗北した場合は、得失点差を考慮すると9月6日の直接対決でドロー以上で本大会出場可能

 

これを見ると、オーストラリア戦を勝利しないとかなり苦しくなるということがわかります。

 

ドローor敗北の場合は、引いたサウジアラビア相手に猛暑のなか敵地で勝ちに行かないといけなくなるため、オーストラリア戦がロシアに向けてのポイントとなります。

 

こちらの記事も読まれています↓
サッカーメキシコリーグ(本田圭佑)の放送を視聴!パチューカの反応も

おわりに

今回はサッカー日本代表W杯アジア最終予選のメンバーをご紹介しました。

 

ブラジルワールドカップの最終予選では埼玉スタジアムでオーストラリア相手に本田選手がPKを決めドローとなり本大会出場を決めました。

 

今回もそんな劇的なラストが待っているかもしれませんね。